アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

【アーカイブ】H28/12/30-H29/1/3「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス年末年始運行ダイヤ

アーカイブ】現在はこの時刻では運行されていません。運行ダイヤの記録としてエントリを残してあります。


H28/12/30からH28/1/3の間、東海バスオレンジシャトルは「年末年始特別ダイヤ」で運行されますが、これによって「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス運行ダイヤも、通常の充当される便から変更になっています
こちらでは、バスの「使われる順序」(車両運用)で使用される便をまとめました。撮影や乗車の際に参考になれば幸いです。

【旧道線】 ※所定ダイヤと同一
沼津駅09:00→三島駅09:29 ※旧道経由
三島駅09:55→沼津駅10:24 ※旧道経由

【西浦線】 ※所定ダイヤと同一
沼津駅11:25→木負農協12:06
木負農協12:21→沼津駅13:02

【旧道線】 ※年末年始ダイヤ
沼津駅14:00→三島駅14:29 ※旧道経由
三島駅14:50→沼津駅15:19 ※旧道経由

【我入道循環】※年末年始ダイヤ
沼津駅15:45→沼津リハビリテーション病院16:00→沼津駅16:15

【沼商線】※沼津商業高校行への充当は初。(逆はあり)
沼津駅16:25→沼津商業高校16:49
沼津商業高校16:52→沼津駅17:16

【柿田線】※柿田経由三島駅行への充当は初。(逆はあり)
沼津駅17:40→清水町役場17:59→三島駅18:21

ラッピングバスの撮影に関するお願い

 何度となく内浦に向かう際ラッピングバスにに乗ってますが、その度に「物理的に非常に危険な撮影」をされている方を見かけます。折角なのでラッピングバス撮影をしたい・・・と言う気持ちは痛いほどわかりますが、ラッピングバス撮影時に撮影者が絡む人身事故が発生した場合、即「ラッピングバスの将来にわたっての運行中止」と言うことが十分考えられます。

中の人でも何でもないですが、比較的地元のバス好きの一人として呼びかけを以下の通りします。

1 車道からの撮影は絶対にしない。
 撮影中に事故に遭ったらご自身の折角の楽しい内浦&沼津旅行が台無しになるだけではなく、他の乗客の皆さんの旅行も台無しになりますし、何よりもラッピングバスを運行している運行会社にご迷惑をかけてしまい、誰も得することはありません。車道からの撮影は絶対にしないようにしましょう。
 車道での撮影が原因の事故で「ラッピングバスの運行中止」だけは絶対に避けましょう。それも作品への敬意です。

2 バスの直前直後の横断は絶対にしない。
 バスの直前直後は非常に危険です。停車中のバスを追い抜こうとする車もありますし、その追い抜こうとする車も急に止まることはできません。停車中のバスの直前直後の横断は絶対にしないで下さい。最悪の場合、事故で死傷することがあります。

3 撮影をしたら可能な限りぜひご乗車を!
 ラッピングバスは「運行会社の好意」で走っています。当然ですが、ラッピングをするのにも費用がかかっています。もし、可能であればラッピングバスの撮影をしたら「ひと区間だけ」でも良いですので、ぜひ乗りましょう。もしかしたら運転士さんから面白い話が聴けるかもしれません。
 地方の路線バスはお客さんが減少していて、地元の方でも使用するのが困難な状況になりつつあります。東海バス伊豆箱根バスもその例外ではありません。「この路線は絶対に廃止に出来ないなぁ」とか、「ラッピングバスを走らせて良かった」と運行会社の偉い人にぜひ思わせましょう。

4 一度だけで無く何度でもお越しください!
 夏の眩しい青空が一番に似合いそうなラッピングバスですが・・・このラッピングバスが運行されている内浦地区や西浦地区は沼津市内だけではなく、静岡県内としても風光明媚な所を走ります。
ラッピングバスと富士山を一緒に撮るのは少しむずかしいですが、折角ご乗車になられるのであれば、少し足を伸ばして西浦からの海岸線と富士山の眺めを楽しんで頂ければと思います。
 一度で欲張って楽しもうとするのではなく、ぜひ何度でもお出かけになって内浦・西浦のバス旅も楽しみましょう!

(H290323 一部加筆修正)
(H290505 一部加筆修正)

【アーカイブ】2016年末-2017年始の西浦線情報

アーカイブ】現在はこの時刻では運行されていません。運行ダイヤの記録としてエントリを残してあります。

相変わらずの倉庫番です。

もうすぐ年末年始ですが、この機会に内浦方面へお出かけになる方もいらっしゃいますと思います。twitterの方で書き散らかした話や、各種情報をとりまとめましたので、何かの参考になれば幸いです。

1 沼津707号車(ラッピングバス)は当面運用に入りません。運用復帰しました(12/26)
https://twitter.com/okuninomiyaq/status/811398224955068417

残念な話ですが、車両点検のため沼津707号車(ラッピングバス)は当面運用に入らないようです。通常の車両での運行、とのことですので予めご承知おきください。ですが、今日(12/24)に三津浜で行われた「キャンドルナイト in 三津浜」の臨時増発便で使用された928号車は、外装こそ普通なものの、特別仕様となっているようでした。実際にこの車両でラッピングバスの運用に入るかどうかはわかりませんが、出会えたらラッキーなのかなと思います。


12月26日から運用復帰しました。
一時期はどうなるかと思いましたが、年末年始もこれで楽しめますね(ニッコリ


2 「東海バス全線フリーきっぷ」の購入には気をつけて下さい。

 内浦地区だけではなく、伊豆半島全域をカバーする東海バスの全線フリーきっぷですが、年末年始に使用される方は「沼津駅前案内所」・「三島駅前案内所」での購入ではなく、「熱海駅前案内所」での購入をお薦めします。

・「東海バス全線フリーきっぷ」は「購入日」から2日間、もしくは3日間有効となるため、事前の購入はできません。(12/24 東海バストラベル本社営業所(伊東)で確認しました)
東海バスの「三島駅前案内所」は12/31-1/1休業、「沼津駅前案内所」は12/30-1/4休業です。
・そのため、12/31から使用を開始する「東海バス全線フリーきっぷ」は、「三島駅前案内所」「沼津駅前案内所」では購入できません。
・12/31から使用を開始する「東海バス全線フリーきっぷ」は、東海道線上では「熱海駅前案内所」で購入可能です。
・詳細はこちらのページ、「東海バス全線フリーきつぷ販売所」を参照下さい。

3 年末年始は「特別ダイヤ」での運行になります

 年末年始は利用者も少なくなるため、12/30〜1/3まで「特別ダイヤ」で運行されます。この「特別ダイヤ」は、9:00〜18:00の間は「日曜・祝日ダイヤ」で運行されますが、始発停留所がそれ以前・以後の時刻は運休となります。なお、ソースにも書いてありますが、西浦線に関しては以下の便については運行となります。なお、「臨時便」の表記のあるものは「通常ダイヤの時刻とは異なる時間での運行」です。

■南行
沼津駅08:55 木負行 
沼津駅18:55 江梨行 ※臨時便

■北行
江梨07:45 沼津駅行 ※臨時便
戸田08:37 沼津駅行 ※臨時便
大瀬岬8:19 沼津駅

4 12/31・1/1「あわしまマリンパーク」年越し営業対応臨時便の運行
 この年末年始に「あわしまマリンパーク」が年越し営業を行いますが、その来園者向けの臨時便が運行されます。(運賃:片道710円)

■12/31 南行
沼津駅(8番乗場) 19:00頃→マリンパークBS
沼津駅(8番乗場) 20:30頃→マリンパークBS
沼津駅→マリンパークBS間 通常ダイヤで所用32分

■1/1北行
マリンパークBS 7:15頃→沼津駅 1台(三津BS始発7:12頃?)
マリンパークBS 8:15頃→沼津駅 1台(三津BS始発8:12頃?)
※三津BS→マリンパーク間 通常ダイヤで所用3分


なお、東海バスのWebページではこれらの情報に関してまとめられていません。実際にご利用される際には掲出したソースを確認して頂いて、各自の判断でご利用下さい。

相良渋谷線 12/16運行開始

 こんばんは、倉庫番です。
 この頃「何か東海バスづいている」って自分でも思っていますが、今日は久々に地元であるしずてつの話題です。

この所、静岡市内発着路線の話題がないのですが(いや、「京阪神エコドリーム静岡号」とか言うのはありましたが)、久々にしずてつの新路線開設と言うのが「公式発表よりも早く新聞報道」されました。

www.at-s.com

12/16(金)から、相良営業所(牧之原市)・藤枝駅(藤枝市)〜渋谷マークシティー間を運行する「相良渋谷線(渋谷ライナー)」が運行開始になります。

「相良渋谷線(渋谷ライナー)」2016年12月16日(金)運行開始!(認可申請中) - 高速乗合バスお知らせ - しずてつジャストライン

地元・・・って言っても藤枝市牧之原市、と言うことで、直接静岡市内とは関係はありませんが、志太地区から東京への直行便は目新しいところですし、共同運行事業者も「東急トランセ」(東急バスの子会社)と言う、静岡県中部行としては初めての事業者である、と言うのも目新しいところです。

■志太地区から乗換なし
 既に静岡県中部地区からは、清水からの「しみずライナー」(しずてつ・JRバス関東)、「渋谷・新宿ライナー静岡号」(JR東海バス京王バス東)、「駿府ライナー」(しずてつ・JRバス関東)、「ドリーム静岡・浜松号」(JR東海バス)の直行便の他、「東名ハイウェイバス」(JR東海バスJRバス関東・JRバステック)がありますが、志太地区(藤枝市など)からは直行便はなく、東名吉田BSなどから「東名ハイウェイバス」に乗るか、東海道線などで一旦静岡駅まで出てから静岡駅発着の各系統に乗るしか無いと言う状況であり、高速バスのメリットである「乗換なし」と言う点を享受することはできませんでした。
 しかし、この「相良渋谷線(渋谷ライナー)」に関しては、牧之原市(旧相良町)や島田市(初倉地区)、そして藤枝市内から初めての「直行便」と言うこともあり、今まで静岡駅で乗換をしていた利用者にとっては「利便性向上」があるのではないかと思います。また、吉田町の今まで東名吉田BSから「東名ハイウェイバス」を利用していたユーザーにとっては、東京駅ではなく「渋谷」まで乗換なし、と言うのは「駿府ライナー」や「しみずライナー」が運行を始めた時のようなインパクトがあるのかもしれません。

■実は静岡市内でもメリットが?
 この「相良渋谷線(渋谷ライナー)」、最終乗車地は「高速バス岡部営業所」になっていますが、ここには自家用車の無料駐車場が設置されます。「駿府ライナー」の大内観音入口BSや「駿府ライナー」や「しみずライナー」の高速バス永楽町BSのように事前予約は必要なものの、静岡市内でも安倍川以西の駿河区内のユーザーはわざわざ大内観音入口BSや永楽町BSまで行かず、「高速バス岡部営業所」に自家用車を停めて「相良渋谷線(渋谷ライナー)」に乗車をする、と言うことが可能になるのではないでしょうか(丸子地区ならばこっちにシフトするのは十分アリだと思います)。
 また、今まで「渋谷・新宿ライナー静岡号」や「駿府ライナー」に静岡駅から乗っていた利用者が「相良渋谷線(渋谷ライナー)」にシフトすることによって、「渋谷・新宿ライナー静岡号」や「駿府ライナー」の切符も多少は取りやすくなるのでは?と個人的には期待するところです(実際にどうなるかはわかりません)。

■志太地区メインのダイヤ編成
 この「相良渋谷線(渋谷ライナー)」の運行ダイヤの特徴は、「午前〜お昼過ぎに藤枝を出る便」と、「夕方〜夜に渋谷を出る便」で構成されており、東京方事業者である東急バスも相良営業所で1泊するという「志太地区メインのダイヤ編成」になっていることが特記すべき点です。
 やはり旅客流動として「志太地区→東京」の方が多いと言う所を反映したものであるとは思いますし、営業的に考えた場合には色々と納得できますが東京から志太地区へ・・・と言うのは少ないと言うところでしょうか。いや、そもそも何で「富士山静岡空港」に入るのか、と言う謎な部分もありますが。

■御殿場プレミアムアウトレットへもどうぞ。
 また、上り便の3号〜7号、下り便の2号〜6号に関しては、同じ静岡県内である「東名御殿場」も停車します。
 恐らくこれは、遠州鉄道が運行しているe-liner横浜号と同様に「御殿場プレミアムアウトレット」への乗客も取り込もうとする方策(裏を返せば「空席を埋めたい」と言う発想)であると思います。清水からですと「御殿場プレミアムアウトレット」までは約1時間で行ける距離ですが、いかんせん自家用車で無いと行くのがしんどいです(流石に自分も東海道線御殿場線を沼津で乗換ってのはしんどいです)。

 このダイヤと路線設定、しずてつジャストラインが運行する高速バスでは今まで見られなかった意欲的なものですので、今後どうなるか楽しみな所ですね。

東急トランセの高速車

 そう言えば思って、過去の画像を漁ってみたら御殿場プレミアムアウトレット〜センター北駅間で東急トランセの高速車に乗った記録がありました。よもや東急バス(実際は東急トランセですが)が静岡県中部地区に来るなんて「東名急行バスの再来じゃん」って思ったのは多分私だけではないと思います(笑)。

 後、気になるのは東名経由か新東名経由か、って所ですね。岡部営業所に停車・・・となると東名高速道路の焼津インターにも、新東名高速道路の藤枝岡部インターへのどちらも近いところで。このあたりは実際に運行開始してみないとわからない所ではありますが。

 やはりこれは早いうちに乗れ、って言うことでしょう。

沼津市内浦・西浦エリアバスマップを作成しました

こんばんは。今日は毎年恒例の「長尾峠線」に乗りに行ってきた倉庫番です。いや、箱根はいいぞ。

・・・とか何とか言ってる舌の根も乾かぬうちに、御殿場から沼津へ抜けて、全く狙ってないのに東海バスオレンジシャトルの沼津707号車で長浜往復してきました。滞在時間わずか20分ですが(多分今までで最短w)。その理由は、

 夏に発行した「さんさん内浦バス案内」に掲載したバス路線図を再編集したものを、「三の浦総合案内所」様に提供させて頂いたためです。毎度おなじみ「富士山満喫きっぷ」で行ったのですが。

****
 よそ者がそこまでするか?と言う所もありますが、この路線図を提供した経緯を書いておきます。
 10月末に撮りバスのついでに訪問した際、壁にこんな手書きの地図を貼ってあるのを見かけました。


 
 初めは交差点の名称か?と思ったのですが、良く見ていくとどうもそうではない。あ、これってバス停のそれじゃん!って言う事に気づいたのですが、折角の地図があんまり見えない所にあるのは勿体無いよねぇ、と言う話になりました。それならば、置かせて頂いてある「さんさん内浦バス案内」掲載の地図を編集して掲出できるようにしましょうか?と話をした所「お願いしたい」と言うことになり、今回編集した上で提供させて頂きました。

 この路線図は、掲載されていたバス路線図のエリアである内浦地区・西浦地区を中心とましたが、旧路線図では出てなかった戸田方面(さなぎ峠経由・井田経由)、多比以北沼津駅までの区間伊豆箱根バスの沼津長岡線を入れ込み、その上で難読地名の振り仮名や主要観光施設などの位置をプロットしたものになっています。

 ご存知の通り、沼津市内には4社のバス路線があり、そのうちの3社(東海バスオレンジシャトル・伊豆箱根バス・戸田運送船)が内浦地区でも路線を持っています。両社とも時刻・運賃検索のできるWeb Pageを持っていますが、一覧できる「路線図」に関しては沼津市のページにあるこちらしかなく、正直見やすいものとは言えません。(とは言え、このような路線図を行政が整備していると言うのは望ましいものであると思いますし、市当局の見識は高いと思います。)
 ですが、市内全域を市作成の路線図はカバーしないとならないため、末端区間である当該地区に関してはある意味「使いづらい」のではないか?、また、内浦地区は長岡との繋がりも強いため、東海バス伊豆箱根バスが作成した自社の路線図だけでは俯瞰が難しいのではないか?(特に観光客に対して)という仮説に立ち、その課題を解決する一つの方法として提供させて頂きました。

 細かい所を見るとバス停の位置が実際とは多少ずれがあるかもしれませんし、プロが作るものと比較すると見劣りするかもしれません。ですが、お越しになられた皆様が「各バス停位置関係ってどんななのか?」と言う事を把握することは可能かと思います(伊豆の国市・戸田地区方面に関しては紙面の都合上限界はありましたが)。何かの折りにご覧いただき、「あ、そうなのか」と思って観光を楽しんで頂ければ幸いです。
 

【アーカイブ】三津長岡線 8/7現在時刻表

アーカイブ】現在はこの時刻では運行されていません。運行ダイヤの記録としてエントリを残してあります。

伊豆箱根バス三津長岡線時刻表(8/6変更 主要停留所分)も作成しておりましたので、公開します。

ダウンロードは こちら からどうぞ。

この時刻表は、伊豆箱根バス三津長岡線に関して掲載してあります。また、日曜のみ運行の沼津駅〜温泉駅〜伊豆三津シーパラダイス間系統も掲載しました。

なお、ラッピングバスに関しては本時刻表に掲載された路線の他、長岡駅から温泉場を回る「温泉場循環」の他、平日・土曜の早朝には修善寺駅から修善寺温泉間も運行しています。


写真としてはアレですが、修善寺総合会館前を走る伊豆107号車です(7月16日撮影)

平日
修善寺駅0630→修善寺温泉場0638→修善寺駅0645
修善寺駅0650→修善寺温泉場0658→修善寺駅0705
修善寺駅****→入屋0725→修善寺駅0740→回送で伊豆長岡駅

土曜日
修善寺駅0630→修善寺温泉場0638→修善寺駅0645
修善寺駅0650→修善寺温泉場0658→修善寺駅0705→回送で伊豆長岡駅

本時刻表はあくまでも私製の時刻表になりますので、実際にご利用される際には各社Webページで最新の時刻及び運賃を再確認してください。また、本時刻表をご利用になられたことによる不利益や損害等に関し、当時刻表作成者は責任を負いかねますので、その旨ご了解下さい。

次回更新は、ラッピングバスの運行時刻変更もしくはダイヤ改正時を予定しております。

【各運行会社の方へ】
検索上問題がある場合には、当Blog管理者までご連絡を頂ければ幸いです。必要に応じて掲載の取り下げなど然るべき措置を取らせて頂きます。なお、本時刻表の公開は、リアルタイム性を持つ「ユーザー視点からの情報提供」もございますが、それにプラスし、遠い将来「2016年10月頃に、このような運行状況であった」と言う記録を残すという観点もございます。その部分に関しても斟酌頂ければ幸いです。

【アーカイブ】2016/10/8時点  戸田地区・西浦地区・内浦地区〜沼津駅 公共交通機関時刻表

アーカイブ】現在はこの時刻では運行されていません。運行ダイヤの記録としてエントリを残してあります。

10/22に行われた「沼ラブ」の際に以下の私製時刻表を無料配布させて頂きました。

沼津駅→内浦地区・西浦地区・戸田地区 公共交通機関時刻表

■戸田地区・西浦地区・内浦地区→沼津駅 公共交通機関時刻表

この時刻表をHDDの肥やしにするのも勿体無いので、PDF版ではありますが配布させて頂きます。ご希望の方がいらっしゃればダウンロードしてご利用下さい。ダウンロードは こちら から。

この時刻表は、
東海バスオレンジシャトル 西浦線( 沼津駅〜木負農協・江梨・大瀬岬・戸田) 主要停留所
戸田交通 戸田・西浦地区デマンドタクシー「ふじみgo!」全停留所
千鳥観光汽船 11/末までの沼津港→大瀬岬/大瀬岬→三津港臨時運航便
伊豆箱根バス 沼津港線(千鳥観光汽船臨時運航便)接続便
を掲載した、「パズルラリー」対応版のものとなっております。

本時刻表はあくまでも私製の時刻表になりますので、実際にご利用される際には各社Webページで最新の時刻及び運賃を再確認してください。また、本時刻表をご利用になられたことによる不利益や損害等に関し、当時刻表作成者は責任を負いかねますので、その旨ご了解下さい。

次回更新は千鳥観光汽船臨時運航便の運航終了時を予定しております。

【各運行会社の方へ】
検索上問題がある場合には、当Blog管理者までご連絡を頂ければ幸いです。必要に応じて掲載の取り下げなど然るべき措置を取らせて頂きます。なお、本時刻表の公開は、リアルタイム性を持つ「ユーザー視点からの情報提供」もございますが、それにプラスし、遠い将来「2016年10月頃に、このような運行状況であった」と言う記録を残すという観点もございます。その部分に関しても斟酌頂ければ幸いです。