アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

JRバス関東便のしみずライナー復活

 現在のしずてつ単独運行に「しみずライナー」が変わったのは平成23(2011)年2月1日のダイヤ改正でした。このダイヤ改正は非常に大きな改正で、それまでJRバス関東が3往復、しずてつジャストラインが2往復、JR東海バスが1往復運行していたものを、1往復減便の上全てしずてつジャストラインの運行にすると言うダイヤ改正でした。その後、JR東海バスは4月1日から「渋谷・新宿ライナー静岡号」の一部を清水駅前経由に変更するダイヤ改正を行っており、清水地区をめぐる情勢が動いたことを覚えています。
 ここに来て急にJRバス関東担当で1往復の増便実施。どこにそんな車両&乗務員さんの余裕があるんだ?と言うのが正直気になる部分ではありますし、やはり東京発清水の需要を渋新静岡(南幹線ルート)号に全部持っていかれると言うのを看過できないと言うのがあったのかなぁ、とは思います。
 後は、遅ればせながら世界遺産の構成資産に三保の松原も含まれているのでは?というところも考えられるのかもしれません。流石に現在は三保の松原までバスが直接乗り入れる事はできなくなっていますが、終点の折戸車庫で下車して一般路線に乗り換えて行くこともできるのもあるのではないかと思います。
 
 とは言うものの、しみずライナーに一定の需要があると言うように判断してもらえたのは地元民としては有り難い話ですし、少しでも多くの方が清水・静岡に振り向いてくれれば嬉しいよね、って言った所でしょうか。