読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

H654-04412号車

見た目は普通の西工ボディの車両。
このタイプの車両はいわゆる「楽座シート」を使用した「4列デラックスシート」(JR東海バスで言えば)を使用しているので、そんなに珍しくはないのですが・・・車内を見ると他の車輌とは全く異なっています。

楽座シートではない「4列レギュラーシート」(これまたJR東海バス風に言えば)かと思えば補助椅子がない&細いながらもセンターアームレストが設置されていて、かつ、運転席側が11列・ドア側が9列と言う40人海乗りと言うある意味JRバス関東の標準仕様と言う形になっています。更に、シートモケットは緑色ということで、めったに見かけないタイプの車両になっています。

以前乗車したことがあるのですが、かれこれ5年以上前の話でそれも東名高速線。今回は駿府ライナー号に充当されていましたが、自分が今まで乗車してきた中では初めて、と言うことで柄にもなく舞い上がってしまいました(苦笑)。

冗談半分で「バスの神様は、『このバスが来て欲しい』と思うと、来て欲しいバスが来ず、『別に何でもいいや』と思っていると、珍しいバスがやってくる」と言うバカな事を話しておりますが、今年最初のバス乗車でこの車両が来た、と言うことは一体何を暗示しているのか・・・正直気になる所です。

広告を非表示にする