読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

今更ながら「ラブライブ!」にハマりかける

twitterのフォロワーさんに「ラブライブ!」のモバイルゲーム(スクフェス)をやり込んでいる方が多く、自分自身も気になって試しにやってみたのですが、ゲーム性よりも曲(音楽的な部分よりも歌詞の内容)が気になっている、と言う状況が昨年末から続いておりました。

そんな中、本編(と言っていいのかどうかすら全くわからない)とも言えるテレビアニメが静岡でも放送されるとの話が入り、さてどんな内容なのか気になって仕方ないので見てみました。火曜日の26:16(水曜日の2:16)と言う非常に深い時間帯ではあるのですが。
ポイントは、静岡市内にあるプラモデルメーカーが積極的に商品展開をしている、Webブラウザベースのゲームのアニメ化作品ですら放送してないのに・・・と言う所。

結論から言えば「何これクソ熱いじゃん!」。

ストーリーはここらへんを見て頂ければ把握して頂けると思いますが、自分としては「プロジェクトの進め方」と「そのアクター」と言う部分に魅力を感じています。

「入学希望者が少なくなると閉校せざるを得ない」(そこそこ歴史のある学校みたいです)と言う問題に対し、「スクールアイドルと言う問題解決策はどうだろうか?」と友人に提示する。その友人は実現可能性という観点から見た場合に「そんなの無理だ」と言いながらも、問題解決の過程に存在する様々な課題(具体的に言えばプロジェクト内に存在しない資源)を冷静に提示しつつも、具体的な解決策を「プロジェクトメンバー」として提示するだけでなく、友人もプロジェクトの一員として解決策の実施を進めています。
また、そのプロジェクトを進めるためには様々な資源が必要であるのですが、内部に存在しない資源を外部から調達する(どころか、結果的に外部資源を内部化するようですが)ための「想いの熱さ」、その「想い」が届いた結果と言うのは、見ていて「これってプロジェクトにまつわる様々な人達の人間模様だな」と感じます。

正直、誰がどうとかって言うのは把握していませんし、気になっているのも「プロジェクト」と言う観点と言う事で、正直邪道な部分もあるよねーと思ってはいるものの、第1話を見た時に「あ、これって何かを解決したい、何かをどうにかしたい」って言う時の最初の「キモチ」だよねって言う事に熱さを感じた、と言うのは正直久々の話です。

放送当初から見ている方には「何を今更」とか「で、誰推しなの?」と突っ込まれても止むを得ないとは思いますが、意外な所で「原点回帰」の必要性を思い出させてくれたと言うことや、「何が大事なことなのか」と言うのを考えさせてくれた、と言うのは・・・深い時間帯に放送しているものの、気になって仕方ない理由なのかもしれません。