読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

9/1- しみずライナー3号のみ「世界遺産三保松原」まで延長運行開始

しずてつ

こんばんは、倉庫番の中の人です。

 表の方にも書きましたが、「しみずライナー3号」が「世界遺産三保松原」まで延長運行開始になるとのことです。ソースをこちらにも再度貼っておきます。

 しずてつジャストライン株式会社(本社:静岡市葵区宮前町、社長:三浦孝文)は現在運行しております高速乗合バス「しみずライナー(東京清水線)」において、平成27年9月1日(火)より「世界遺産三保松原」停留所を新設します。
 高速乗合バスで東京方面から「世界遺産三保松原」まで乗り換えなしで直接アクセスできるようになります。ぜひ、この機会にご利用ください。
しみずライナー 「世界遺産三保松原」停留所新設!■しずてつジャストライン(8/22確認)
 

 今日はバスヲタじゃなくって一人の清水区民として書きます。
 それは、何でこんなに延長運行が遅くなったんだ?と言うことです。

 折戸車庫でバスを乗り換えれば行けますし、高速バスで東京から直行する人も居ないとか、しずてつの社内事情で「延長したくとも出来なかった」という事情があったのかもしれませんが、富士山の世界遺産登録が平成25年6月22日、このプレスリリースが平成27年8月21日、ということで延長運行開始まで2年もかかっていると言うのは、正直どうなのかなぁと思うところがあるんです。

 実際、東京に行った時に見かける富士山の案内は山梨側のものばかりですし(富士急行線の営業エリアとは言えども山梨県JR東日本の営業エリアですし)、静岡市内からの「世界遺産富士山」と言う観光案内は正直少ないよね、と思うところがあります。また、バスなんかですと富士市富士宮市裾野市が富士急バスにラッピングして積極的に宣伝をしているのですが、静岡市はシティセールスラッピングバスだけという状況。何か歯がゆくて仕方ないったらありゃしません。

 更に言えば、今回の延長運行は東京駅12時発の便のみ。
 三保の松原に到着するのは15時を回るわけですから、仮に帰りに新幹線を使うにしても日帰りは正直困難だと思います。日帰り客も取り込みたいと言うのであれば、東京駅8:30発の1号(折戸車庫着11:26)の便も延長する必要があったのでは、と思います(JRバス関東便なので、さらに調整が難しいのは分かるところですが・・・)。
 
 バスの行先表示器はある意味「市の宣伝」ができる媒体ですし、そこに「世界遺産三保松原」と出れば、それこそ東名を走っている間に見てもらうことはできるでしょうし、駅の案内表示にも出るわけですから、アンテナを張ってる人なら感づくと思うのですが・・・。

 最近仕事の話題をBlogで書くことはしてませんが(と言うか書けない話題一杯)、その中で県外の方に「静岡」について言われたの事で、こんな言葉がありました。

 「何でもあるは、何にもない。」

 静岡(市)は温暖で過ごしやすいですし、海もあれば山もある、魚も旨ければ酒も旨い。静岡市内からは離れるけれど、少し足を伸ばせば色んな楽しみ方ができる所だと思います。強いて言えば震災リスクが高いですが。
 これを裏返して言えば「目立ったモノが何もない」と、大都市圏の方からは見られていると言うのが実際の所です(市レベルではなく県レベルとして)。行政が特定の業種に対して重点的な支援をするのはケシカラン、と言う議論もあるところですが、外部に「静岡」を売っていうことは「目立った何か」でまずは先鞭をつけ、そこから裾野を広げていくのもひとつの戦略です。

 三保松原に関しては、観光客増加策と「世界遺産の将来的な保全」の両立という大きな課題を抱えているのもまた事実なのですが、情報にあふれる都心部で「知ってもらう」と言うことを考えなくてはならないと思いますし、「富士山=山梨」という連想を「富士山=山梨&静岡」という連想にどうやって持っていくか、と言うことを考えないとならないのでは、と思うところです。

 更に言えば、「三保の松原」と他の観光資源(日本平や静岡のまちなか)をどうやってリンクさせるのかということや、「しみずライナー3号」からスタートする静岡巡りというのも本来なら背後で考え、「行ってみたい」と思った人をどうやってナビゲートするのか、と言うことも併せて考える必要があったのではないかと思います。
 そう考えると、今回の「しみずライナー3号」のみの延長運行は遅すぎる上付け焼刃的なもの、と見えてしまって仕方ない、と言うのが実際の所です。

***

 かなり厳しく書きました。関係者の方で気を悪くしてしまった方が居ればごめんなさい。
 ですが、遅すぎて付け焼刃と言えるかどうか微妙な施策であったとしても、「何もしない」という選択肢よりは大きく前に進んだものと思っています。
 一人でも多くの方が「乗り換えなしで行けるのか。じゃぁ行ってみるか」と思うようになることを願わずにはいられません。