読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

7/2 厚木IC-秦野中井IC通行止めによる迂回運行(乗車記録)

各社


と言うわけで、昨日から始まった沼津を舞台とするお話はバスタ新宿で見ていた倉庫番です。ギリギリ放送(と言うか配信)開始に間に合ったのが正直な所ですが、本当に内浦の見たことある風景とか、出てくるバスの会社名も「東海バスオレンジシャトル」と新名称に変わっていて「東海バスはいいぞ」と言う言葉しか見当たりませんでした。本編は・・・いや、今日は「ラブライブ!サンシャイン!!」の話ではありません。

***

簡単ではありますが「乗りバス」の話を書いてみようと思います(元々このBlogはそれがメインの雑多な話を書く場所です)。
土曜日は大学校の頃の同期生と五反田で飲んでおり、都内のホテル代も高かったので「それだったら最終の渋谷・新宿ライナー静岡号で帰るか」と決めておりました。で、JR東海バスのページを見ると「7/2は新東名高速道路伊勢原JCTの架橋工事のため迂回運行」と言う案内が出ており、折角だからその迂回運行経路を見てみよう、と言うことで、久々に最前列を確保して乗り込みました。第1話の興奮にも近い余韻があったのか、幸いにして睡魔が襲ってくることはなく、無事草薙一里山まで起きていることができました。(結局寝たのは色々あって午前4時頃と言うオチでしたが)

道玄坂の渋滞に思っきり引っかかって渋谷MC発が多少遅れてしまったものの、東名高速道路はトラックもほとんど走ってなく、順調に西へ向かいます。海老名JCTの手前から車線規制が始まり、3車線→2車線→1車線となり、厚木ICで全ての車両が強制的に流出させられます。

そう言えば高速バスに乗って厚木インターを出る、と言う経験はこの頃久しくしてなく、それこそ東京駅発沼津駅行の急行便(一体いつの話だ・・・しかも沼津駅行とは)で(旧)東名厚木に停車する便以来なのかもしれません。迂回運行でも乗ったことはありませんしね。バスはそのまま小田原厚木道路を小田原方面に向かっていきます。厚木IC通過は0:20頃でした。

小田原厚木道路は、静岡市内に住んでいるとなかなか通る機会もなく、自分自身でも運転したのは1回きり。ただ、前年度の話なので比較的道路のアップダウンは覚えておりますが。さらに言えば高速バスで通るって言うのは初めてでした。当然の話ではありますが、周囲はもう真っ暗。わざわざ起きていると言うのは物好きと言う言葉以外に付け加えるものはありません。

この渋谷・新宿ライナー静岡69号は静岡市内に向かう昼行便の最終便。車両は京王バスの(多分)40人乗りの車両ですし、室内灯も煌々と点灯しており、窓のカーテンはお客さんが引いている所以外は閉まっていません。ですが、追い越したり追い越されたりするバスの行先は名古屋駅や大阪駅と言った静岡の先にある町の名前。そして、閉められたカーテンの隙間から見えるのは常夜灯。全部夜行高速バスでした。
夜行便であれば(多少は)時間の余裕もあるので終着駅までの間で多少は遅れの回復もできますが、このバスは足柄SAで15分の休憩だけ。そうなると確実に遅れが発生します。ドライバーさんも「今日は迂回運行をするので遅れが発生します」と事前にお客さんには案内をしてあります。法定速度で小田原厚木道路を平塚→大磯→二宮と通過します。

二宮ICの通過は0:36。ここの出口では車が多く詰まっていました。この二宮ICからは秦野中井ICへ向かうことが出来るため、普通車などは比較的多くここから東名本線に戻ろうとしていましたが、高速バスは更に西を目指して走っていきます。
二宮の山を抜ければ国府津の町並み。国府津車両センターに入庫しようとする東海道線電車や、新幹線の保線用車両を眺めつつ坂を下ると小田原料金所になります。

前方には名古屋行の青春レディースドリーム号(JR東海バス)が走っており、このバスとは愛鷹付近まで追い越したり追い越されたり、と言う関係でした。最後にはこちらの方が追い抜いて行きましたが、こちらは渋谷・新宿ライナーの共同運行を行っている京王バス東。恐らく車庫で見知ったドライバーさんなのでしょうか、その時にはお互いに挙手をしていました。


そして、小田原料金所を出てすぐの小田原東ICで小田原厚木道路を流出し、今度は国道255号線を大井松田ICへと向かって足を進めていきます(0:43)。流石にここから大井松田に抜ける車はバスが多いのかと言うところ。国道255号線はごく普通の一般道ですので、赤信号で止まったりしながら進んでいきます。


大井松田ICの入口交差点では珍走団がその醜態を晒していましたが、特に走行が妨害されることはなく、0:58頃にインターに入り、本線復帰は1:00頃でした。


その後、足柄SAには1:15着/1:30発。ドライバーさんの話しによれば概ね60分程度の遅れとのことではありますが、清水駅前には2:27頃、草薙一里山は2:40頃と言うほぼ50分遅れとなりました。

***
この新東名高速神奈川県区間工事に伴う迂回運行は7/9(土)、23(土)、30日(土)と後3回、21時~翌5時で予定されており、「渋谷・新宿ライナー静岡69号」や「駿府ライナー25号(バスタ新宿22:20)」だけではなく、他系統でも迂回運行をする予定となっています。静岡に着いて、家に帰って寝るだけ・・・であればそんなに大きな影響はないかと思いますが、お出迎えを依頼する際にはやはり50分〜60分程度の遅れがあると言う事は事前に伝えておいてもいいかもしれません。

また、その他工事などで迂回運行することもあるかと思いますので、乗車前には各社Webページを確認しておくことをお薦めします。

今回の工事による迂回運行の案内ページ
JR東海バス・・・こちら
しずてつジャストライン・・・こちら