アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

相良渋谷線 12/16運行開始

 こんばんは、倉庫番です。
 この頃「何か東海バスづいている」って自分でも思っていますが、今日は久々に地元であるしずてつの話題です。

この所、静岡市内発着路線の話題がないのですが(いや、「京阪神エコドリーム静岡号」とか言うのはありましたが)、久々にしずてつの新路線開設と言うのが「公式発表よりも早く新聞報道」されました。

www.at-s.com

12/16(金)から、相良営業所(牧之原市)・藤枝駅(藤枝市)〜渋谷マークシティー間を運行する「相良渋谷線(渋谷ライナー)」が運行開始になります。

「相良渋谷線(渋谷ライナー)」2016年12月16日(金)運行開始!(認可申請中) - 高速乗合バスお知らせ - しずてつジャストライン

地元・・・って言っても藤枝市牧之原市、と言うことで、直接静岡市内とは関係はありませんが、志太地区から東京への直行便は目新しいところですし、共同運行事業者も「東急トランセ」(東急バスの子会社)と言う、静岡県中部行としては初めての事業者である、と言うのも目新しいところです。

■志太地区から乗換なし
 既に静岡県中部地区からは、清水からの「しみずライナー」(しずてつ・JRバス関東)、「渋谷・新宿ライナー静岡号」(JR東海バス京王バス東)、「駿府ライナー」(しずてつ・JRバス関東)、「ドリーム静岡・浜松号」(JR東海バス)の直行便の他、「東名ハイウェイバス」(JR東海バスJRバス関東・JRバステック)がありますが、志太地区(藤枝市など)からは直行便はなく、東名吉田BSなどから「東名ハイウェイバス」に乗るか、東海道線などで一旦静岡駅まで出てから静岡駅発着の各系統に乗るしか無いと言う状況であり、高速バスのメリットである「乗換なし」と言う点を享受することはできませんでした。
 しかし、この「相良渋谷線(渋谷ライナー)」に関しては、牧之原市(旧相良町)や島田市(初倉地区)、そして藤枝市内から初めての「直行便」と言うこともあり、今まで静岡駅で乗換をしていた利用者にとっては「利便性向上」があるのではないかと思います。また、吉田町の今まで東名吉田BSから「東名ハイウェイバス」を利用していたユーザーにとっては、東京駅ではなく「渋谷」まで乗換なし、と言うのは「駿府ライナー」や「しみずライナー」が運行を始めた時のようなインパクトがあるのかもしれません。

■実は静岡市内でもメリットが?
 この「相良渋谷線(渋谷ライナー)」、最終乗車地は「高速バス岡部営業所」になっていますが、ここには自家用車の無料駐車場が設置されます。「駿府ライナー」の大内観音入口BSや「駿府ライナー」や「しみずライナー」の高速バス永楽町BSのように事前予約は必要なものの、静岡市内でも安倍川以西の駿河区内のユーザーはわざわざ大内観音入口BSや永楽町BSまで行かず、「高速バス岡部営業所」に自家用車を停めて「相良渋谷線(渋谷ライナー)」に乗車をする、と言うことが可能になるのではないでしょうか(丸子地区ならばこっちにシフトするのは十分アリだと思います)。
 また、今まで「渋谷・新宿ライナー静岡号」や「駿府ライナー」に静岡駅から乗っていた利用者が「相良渋谷線(渋谷ライナー)」にシフトすることによって、「渋谷・新宿ライナー静岡号」や「駿府ライナー」の切符も多少は取りやすくなるのでは?と個人的には期待するところです(実際にどうなるかはわかりません)。

■志太地区メインのダイヤ編成
 この「相良渋谷線(渋谷ライナー)」の運行ダイヤの特徴は、「午前〜お昼過ぎに藤枝を出る便」と、「夕方〜夜に渋谷を出る便」で構成されており、東京方事業者である東急バスも相良営業所で1泊するという「志太地区メインのダイヤ編成」になっていることが特記すべき点です。
 やはり旅客流動として「志太地区→東京」の方が多いと言う所を反映したものであるとは思いますし、営業的に考えた場合には色々と納得できますが東京から志太地区へ・・・と言うのは少ないと言うところでしょうか。いや、そもそも何で「富士山静岡空港」に入るのか、と言う謎な部分もありますが。

■御殿場プレミアムアウトレットへもどうぞ。
 また、上り便の3号〜7号、下り便の2号〜6号に関しては、同じ静岡県内である「東名御殿場」も停車します。
 恐らくこれは、遠州鉄道が運行しているe-liner横浜号と同様に「御殿場プレミアムアウトレット」への乗客も取り込もうとする方策(裏を返せば「空席を埋めたい」と言う発想)であると思います。清水からですと「御殿場プレミアムアウトレット」までは約1時間で行ける距離ですが、いかんせん自家用車で無いと行くのがしんどいです(流石に自分も東海道線御殿場線を沼津で乗換ってのはしんどいです)。

 このダイヤと路線設定、しずてつジャストラインが運行する高速バスでは今まで見られなかった意欲的なものですので、今後どうなるか楽しみな所ですね。

東急トランセの高速車

 そう言えば思って、過去の画像を漁ってみたら御殿場プレミアムアウトレット〜センター北駅間で東急トランセの高速車に乗った記録がありました。よもや東急バス(実際は東急トランセですが)が静岡県中部地区に来るなんて「東名急行バスの再来じゃん」って思ったのは多分私だけではないと思います(笑)。

 後、気になるのは東名経由か新東名経由か、って所ですね。岡部営業所に停車・・・となると東名高速道路の焼津インターにも、新東名高速道路の藤枝岡部インターへのどちらも近いところで。このあたりは実際に運行開始してみないとわからない所ではありますが。

 やはりこれは早いうちに乗れ、って言うことでしょう。