読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

4/1 静岡〜新宿線 路線再編ダイヤ改正(その2)

こんばんは、倉庫番です。

と言うワケで昨日発表になった「静岡〜新宿線 路線再編」のダイヤ改正についてまたもや眺めていきましょう。昨日のエントリはこちらになります。

■販売座席数
・(現)駿府ライナー号は37席発売
 ※しずてつ車が38席車であり、1席予備席(10C)を確保するため。
・(現)渋谷・新宿ライナー静岡号はJR東海バス便は40席、京王バス便は36席発売
 ※現在と一緒ですね。
・(現)駿府ライナーにも、京王「ハイウェイバスドットコム」持ちの座席が存在。
 ※便によって配分座席数は違いますが、2席〜4席。

■きっぷについて
高速バスネット上で、往路(現)駿府、復路(現)渋新、と言う買い方も可能。
 ※往路;草薙駅南→バスタ新宿、復路:バスタ新宿→大内観音入口・・・OK

■乗場
・基本的には現在と同じ。静岡駅前の乗場がどこになるのかは、まだ分からないが・・・


 概ねこんな所かと思います。とは言え、幾つかまだ疑問もあるわけで。。。

1 清水駅前はやはり西友前?
 何で「西友前」に止めるんでしょうかねぇ・・・。個人的には清水駅のバスのりば(=しみずライナーと同じところ)に入っても構わないのでは?と思うのですけどね。清水駅に入る新宿/渋谷=静岡線はJR東海バスと京王だけではありますが、まがりなりにも共同運行事業者にしずてつも入ってますし。

2 しみずライナーを何故系統分離?
 渋新静岡駿府ライナーと言うペアでも十分使えるのですが、更にこれに「しみずライナー」が入っても良かったのでは?と思うのですけどね。行きは渋新静岡で渋谷や新宿まで行って、帰りは東京駅からしみずライナーで帰るって言う人もいるのではと思います。さらに言えば、それこそ渋新静岡に「新清水バス停」を設置するって言うことも可能ではないのかなぁと考える所なのですが。
 後は、最近は利用率が高くなり、早めに予約をしないと使えない永楽町駐車場ですが、渋新静岡も永楽町回して駐車場使用を可能にできるのではないのかねぇ・・・と思うのですが。

3 静岡駅乗場はどこになるのやら
 現在の東名ハイウェイバスが入っている12,13番乗場に駿府ライナーが入るのか、それとも17番乗場に渋新静岡が行くのか、と言うことも気になりますが・・・12番、13番乗場に駿府ライナーが入ると言うことになると、それはそれで10年越しの懸案になります。

 見慣れた東海バスの画像ですが、ここにオレンジ色のJRマークが取り付けられています。これは、この車両がJR東海の駅構内で営業をしてもいいよ、と言うJR東海からのお墨付きになるのです。今まではしずてつ高速車に関しては入構許可が無かったのですが、12,13番に入るとなるとマークが付く可能性もあります(中部国際空港線(廃止)に関しては、確か付いてなかった車両が入ったような気がしないでも)

4 恐らくは・・・営業上の「路線再編?」
 と色々気になるところを書き散らかしてみましたが、考えれば考えるほど「営業上での路線再編なのではないか?」と思う所があります。確かに高速バスネットの同じ口座で買うことができますが、渋新グループにJRバス関東やしずてつが入るというわけでもなし、その逆もなし・・・となると、一部区間で経路やダイヤが変わるものの、路線としては「駿府ライナー」と「渋谷・新宿ライナー静岡号」が継続し、それを両社で一体化して売っていくと言うものかとは思います。
 それ故、しみずライナーを一旦追い出してみたりとか、渋新清水の経路を永楽町に回さないとか言う「詰めきれてない」部分も存在するのではと思います。
 しかし、運行開始から10年を迎えるこの年に、利用者目線の「ダイヤ改正」が行われるのは喜ばしいところです。