H654-04412号車

見た目は普通の西工ボディの車両。
このタイプの車両はいわゆる「楽座シート」を使用した「4列デラックスシート」(JR東海バスで言えば)を使用しているので、そんなに珍しくはないのですが・・・車内を見ると他の車輌とは全く異なっています。

楽座シートではない「4列レギュラーシート」(これまたJR東海バス風に言えば)かと思えば補助椅子がない&細いながらもセンターアームレストが設置されていて、かつ、運転席側が11列・ドア側が9列と言う40人海乗りと言うある意味JRバス関東の標準仕様と言う形になっています。更に、シートモケットは緑色ということで、めったに見かけないタイプの車両になっています。

以前乗車したことがあるのですが、かれこれ5年以上前の話でそれも東名高速線。今回は駿府ライナー号に充当されていましたが、自分が今まで乗車してきた中では初めて、と言うことで柄にもなく舞い上がってしまいました(苦笑)。

冗談半分で「バスの神様は、『このバスが来て欲しい』と思うと、来て欲しいバスが来ず、『別に何でもいいや』と思っていると、珍しいバスがやってくる」と言うバカな事を話しておりますが、今年最初のバス乗車でこの車両が来た、と言うことは一体何を暗示しているのか・・・正直気になる所です。