沼津駅での精算機取り扱い

こんばんは、倉庫番の中の人です。今日はバスの話ではなく、東海道線の話を。

今年4月から勤務先の中で異動があり、出張に出かける機会が格段に多くなったのですが(流石にエクスプレスカードの請求が1ヶ月で4万弱になったのはシャレになりません)、そんな中で沼津への出張も多くなっております。

ある出張の時に沼津駅構内にこんなポスターが掲出されているのを見て驚きました。

f:id:leek_island:20150809232456j:plain

Suicaエリアからの改札機での出場は出来ないものの、東京山手線内・東海道線内(東京〜熱海)・横須賀線内(大船〜久里浜)・伊東線内(熱海〜伊東)各駅で入場したICカード乗車券は沼津駅出場時には自動精算機を通せば出場できるよ、と言う案内でした。ちょっと意外と言うかこう言う取り扱いやってるんだ、と言うのは驚きです。

沼津だと東京、あ、今じゃ最遠は前橋やら宇都宮になりますが、「上野東京ライン」の最西端の駅って言うこともありますし、今まではそのままICカードで乗って精算窓口に列を作るという光景が見られたようなのですが、流石にそれだと色々大変なので自動精算機も使えるよ、と言うことにしたのでしょうか。あるべき姿としてはそのまま精算できるのがいいのでしょうけど、流石にそれだとアレなので精算機を通すと言う所で妥協しているのかもしれません。

で、気になったのは、果たしてSuicaエリアの駅で静岡地区からtoicaで入った場合、このような精算をやってくれるのかどうか、って言う所なのです。静岡市内からだと高速バスや新幹線で行くのが普通なので、そんなことできるとは思いませんが(せいぜい沼津が限界かも)、東海側でこのような扱いをしているということは、東日本側でもなんらかの措置をしていると考えてしまいます。

ところで、この話ってJR東海のWebページに出ていましたっけ?