アトリエみかん箱 記録日誌

「静岡の高速バス倉庫」の中の人が記す色んな話。


本Blogを購読される際には下記の購読上の注意を了解の上、購読をお願いします。


■購読上の注意
・掲載内容は執筆者の個人的意見の表明であり、特定企業や団体の意見ではありませせん。
・管理人の業務内容と掲載内容は一切関係ありません。
・掲載内容は可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、正確であることは保証しません。
・掲載した掲載各種情報に関しては、必ず各社及び団体の公式発表を確認してください。
・掲載内容は、静岡市内発着高速バス関係ネタを中心にした管理人の興味あるもの全てです。
・掲載内容に嫌悪感を覚える方は、本Blogの購読をされないことを強く推奨します。
・閲覧者が本Blogを閲覧したことに起因する不利益に対しての責任は負いません。
・議論を目的として設置するものではありませんので、コメント欄は閉じてあります。
・意見をメール等で頂いても、必ずしも意見内容が反映されるものではありません。
・意見へのメールによる返信は、必ずしも行われるものではありません。

「ラブライブ!サンシャイン!!」交通機関関係記事目次

このエントリは「ラブライブ!サンシャイン!!」に興味を持ち、「実際に沼津に行ってみよう」と思われた方向けの、当Blogにおける交通機関関係記事の目次です。気になる情報があれば、こちらから適宜飛んでみて下さい。

なお、状況の変化に応じてリンク先が変更になることがありますので、予めご了承下さい。
また、これらのエントリは個人でまとめたものです。現地を訪問される際は、必ず各社公式ページをご確認下さい。

東海バス ラッピングバス1号車運行時刻(H29/6/16改定)
leek-island.hatenablog.com


東海バス ラッピングバス2号車運行時刻(H29/6/16改定)
【重要】9月9日の夜、自家用車が同車に追突をする事故が発生したため、暫くの間一般車両での運行になる模様です。

leek-island.hatenablog.com


■伊豆箱根バス ラッピングバス運行時刻(H29/4/22改定)※公式ページ

1 沼津までどうやって行けばいいの?
  http://leek-island.hatenablog.com/entry/2017/06/16/020021沼津までの交通機関情報
  leek-island.hatenablog.com

2 路線バスはどう乗ればいいの?
  沼津&長岡周辺 路線バスの乗り方
  leek-island.hatenablog.com

3 路線バスで現地へ向かう方への切実なお願い。
  路線バス乗車時の注意事項
  leek-island.hatenablog.com

4 ラッピングバスを撮影する方への切実なお願い
  ラッピングバスの撮影に関するお願い
  leek-island.hatenablog.com

 
おまけ 中の人の追っかけ成果
  沼津707号車のラッピング軌跡
  leek-island.hatenablog.com


(H281031 5,6 追加)
(H281226 3.5 追加)
(H281227 4.5 追加)
(H290322 4.6 追加)
(H290505 項目修正)
(H290616 項目修正)

「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス本"Driving to the Sunshine"の札幌での委託頒布を行います。

 この度、弊サークルではコミックマーケット92(C92)2日目(8月12日(土))に頒布をさせて頂きました同人誌、"Dirving to the Sunshine”を、沿岸バス株式会社様(本社:北海道苫前郡羽幌町)のご協力を得て、9月17日(日)に札幌市南一条通り(さっぽろホコテン会場)にて開催される「北海道バスフェスティバル2017」(主催:一般財団法人北海道バス協会)の同社ブース内に設けられる「のりもの系同人誌」コーナーにて委託頒布させて頂くことになりました。なお、頒価は1冊1,200円、頒布冊数は15冊とさせて頂きます。

 本同人誌、"Dirving to the Sunshine”は、東海バスオレンジシャトル株式会社(本社:静岡県沼津市)及び伊豆箱根バス株式会社(本社:静岡県三島市)が静岡県沼津市三島市駿東郡清水町及び伊豆の国市内で運行している「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバスが運行開始をした平成26年7月9日から、伊豆箱根バスで2号車が運行開始をした平成27年7月23日までの記録を、弊サークル代表が撮影してきた写真で振り返る小冊子となっております。

 これを機会に一人でも多くの皆さまが「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台である沼津市だけに限らず、静岡県へご訪問頂ければ、静岡県民である編集者として嬉しいところでございます。


■表紙イメージ


■グラビアイメージ


■本文扉ページイメージ




 

現行「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス(東海バス1号車)運行ダイヤ(H29/6/16改正)

公式ページはこちらを御覧ください。

■土曜
大平 0855→沼津駅0925
沼津駅0945→沼津駅1015 我入道循環
沼津駅1125→木負農協1206
木負農協1221→沼津駅1302
沼津駅1355→木負農協1436
木負農協1451→沼津駅1532
沼津駅1610→沼津駅1651 下香貫循環
沼津駅1745→沼津駅1815 我入道循環
沼津駅1830→大平車庫1855

■日祝日
大平 0855→沼津駅0925
沼津駅1010→温水プール1028
温水プール1031→沼津駅1049
沼津駅1125→木負農協1206
木負農協1221→沼津駅1302
沼津駅1355→木負農協1436
木負農協1451→沼津駅1532
沼津駅1645→沼津駅1715 我入道循環
沼津駅1745→沼津駅1815 我入道循環
沼津駅1830→大平車庫1855

■平日
ショッピングセンター前0704→沼津駅0724
沼津駅0735→沼商0759
沼商→大平 回送
大平0815→沼津駅0845
沼津駅0900→三島駅0929 旧道経由
三島駅0955→沼津駅1024 旧道経由
沼津駅1125→木負農協1206
木負農協1221→沼津駅1302
沼津駅1355→木負農協1436
木負農協1451→沼津駅1532
沼津駅1610→沼津駅1651 下香貫循環
沼津駅1715→大平1745
大平→大平車庫 回送
大平車庫1753→沼津駅1818
沼津駅1840→温水プール1858
温水プール→大平車庫 回送

現行「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス(東海バス2号車)運行ダイヤ(H29/6/16改正)

公式ページはこちらをご覧ください。

【重要:9/9】9/9夜、自家用車に追突される事故が発生したため、暫くの間一般車両での運用になっています。

■土曜
大平車庫→沼商 回送
沼商 0714→三島駅0740
三島駅0805→沼津駅0850 卸団地経由
沼津駅0920→大平 0950
大平 1000→沼津駅1030
沼津駅1055→江梨 1202
江梨 1219→沼津駅1336 河内経由
沼津駅1445→沼津駅1515 我入道循環
沼津駅1530→江梨 1641 長井崎経由
江梨 1641→沼津駅1806 長井崎経由
沼津駅1845→大平 1915
大平→大平車庫 回送

■日曜
大平車庫→沼津駅 回送
沼津駅0735→沼商 0759
沼商 →温水プール 回送
温水プール0831→沼津駅0849
沼津駅0920→大平 0950
大平 1000→沼津駅1030
沼津駅1055→江梨 1202
江梨 1219→沼津駅1336 河内経由
沼津駅1445→沼津駅1515 我入道循環
沼津駅1530→江梨 1641 長井崎経由
江梨 1641→沼津駅1806 長井崎経由
沼津駅1845→大平 1915
大平→大平車庫 回送

■平日
大平 0840→沼津駅0910
沼津駅0920→大平 0950
大平 1000→沼津駅1030
沼津駅1055→江梨 1202
江梨 1219→沼津駅1336 河内経由
沼津駅1445→沼津駅1515 我入道循環
沼津駅1530→江梨 1641 長井崎経由
江梨 1641→沼津駅1806 長井崎経由
沼津駅1845→大平 1915
大平→大平車庫 回送

「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス(東海バス2号車)運行ダイヤ(H29/3/25〜H29/6/15)

ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングバス2号車のH29/3/25〜H29/6/15間運行ダイヤです。
現在はこのエントリに記した行路での運用には入っていません。

■土曜日
大平車庫 0726→三島駅  0751
三島駅  0805→沼津駅  0850 卸団地経由
沼津駅  0920→大平   0950
大平   1000→沼津駅  1030
沼津駅  1055→江梨   1202 トンネル経由
江梨   1219→沼津駅  1336 河内・トンネル経由
沼津駅  1445→沼津駅  1515 我入道循環
沼津駅  1530→江梨   1641 長井崎経由
江梨   1655→沼津駅  1808 長井崎経由
沼津駅  1840→温水プール1858
温水プール→大平車庫:回送

■日曜・祝日
大平車庫→沼津駅:回送
沼津駅  0920→大平   0950
大平   1000→沼津駅  1030
沼津駅  1055→江梨   1202 トンネル経由
江梨   1219→沼津駅  1336 河内・トンネル経由
沼津駅  1445→沼津駅  1515 我入道循環
沼津駅  1530→江梨   1641 長井崎経由
江梨   1655→沼津駅  1808 長井崎経由
沼津駅  1840→温水プール1858
温水プール→大平車庫:回送

■平日
大平車庫→大平:回送
大平   0840→沼津駅  0910
沼津駅  0920→大平   0950
大平   1000→沼津駅  1030
沼津駅  1055→江梨   1202 トンネル経由
江梨   1219→沼津駅  1336 河内・トンネル経由
沼津駅  1445→沼津駅  1515 我入道循環
沼津駅  1530→江梨   1641 長井崎経由
江梨   1655→沼津駅  1808 長井崎経由
沼津駅  1845→大平   1858
大平→大平車庫:回送

併せて「路線バス乗車時の注意事項」
leek-island.hatenablog.com

「ラッピングバス撮影時のお願い」
leek-island.hatenablog.com

もご覧になり、安全で快適な路線バスの旅をお楽しみ頂ければ幸いです。

現実と虚構の間には何があるのか?

Aqoursのライブを見に行ってきた。

両日ともチケットが取れなかったので、自宅と言うか事務所最寄りのライブビューイング会場ではあるが。自分自身、元々音楽はなんでも聴くし、割合節操がない方だと思っている。さらに言えばフォロワーさんから「ミク廃ラブライバー」と呼ばれたこともあり「事実だし、否定できないからまぁいいか」と思っている。

とは言え、何でこの年令になって「ラブライブ!サンシャイン!!」にハマったのが良くわからないので、自分の脳内を整理することも含めて書いてみようと思った。

一つ目。

彼女たちが育ったまちで自分も育った、小学校の頃であるが。

作中に出てくる「渡辺 曜」は、どうも自分が当時住んでいた「下河原」に住んでいるようである。また、作中に出てくる沼津市内各所の風景は、確かに30年と言う時間が経過しているものの、その頃の雰囲気を残している(いや、確かに上土周辺は大きく変わっている所はあるが)。そんな風景がテレビの中に出てくれば、やはりそれは気になる所。
そして、それと同じくらい重要なのが作品の中に出てくるバス〜東海バスオレンジシャトル〜である。自分がかつて住んでいた地区は箱根登山鉄道バスが路線を持っていたエリアであり、日々の生活の中で当たり前に乗っていた。また、作中に出てくる「木負」や「江梨」と言った行先表示は「駅前でよく見かけたもの」であった。

正直、そんな「沼津」という自分にとって思い入れの深いまちから広がる物語が故、と言うのが一番大きい。

二つ目。

もう一つあるのは「前を向いていこう」と言う明確なメッセージを、この物語は示しているところである。

「スクールアイドル」に憧れていた主人公が仲間を誘い、仲間を増やす。
 様々な困難にぶつかって、悩んで、泣いて。仲間を信じて。
 そんな経験の中から「自分たちだけの叶えたいこと」を見つけ出す。

ベタだと思う、トコトンベタだと思う。
だけど、「何かをするとき」と言うのはまさにこのプロセスで動くのではないだろうか。

 「やりたいことをやろう!」と思って旗を掲げ、それに向かっての様々な準備をする。
 計画を立ててはみたものの、本当にこれでいいのか悩み、結果の出なさに悩み、泣き、そんな時に仲間が居て。
 そんな多くの経験の中から「やりたいこと」をするけど、その先にある「本当に叶えたいこと」を見つける。

現実の社会では「やりたいことをやる」のではなく「できることをやる」ということになる。確かにその見極めもリアルでは必要。だけど、「やりたいことをやるために、前を向いていこう」という、「当たり前の話だけど、忘れてしまっていること」を再確認したいが故に見る、そんな所があるのではないか(少なくとも自分はそう)。

***

今まで「現実」と「虚構」は相容れないものだと思っていた。虚構はいくら頑張っても虚構であり、現実と虚構の間には「越えられない何か」があるものだと思っていた。しかし、自分にとっての「ラブライブ!サンシャイン!!」は、「虚構」が「現実」へ、「現実」が「虚構」へと何もないかのように乗り越えていく様を見せてくれた。

ー多分、それが新しいのだろう、自分にとって。更に、地理的空間の自分自身との近さ(次元は関係なく)、主人公たちの「想い」が更に加速させたのかもしれない。

もし、現実と虚構の間に何かがあった、と言うのならば、それは「ある種の偏見」だったのかもしれない。偏見を越えた先に見ることができるのは、今までの発想では出てこなかったイノベーティブな問題解決方法のような気がする。

ならば、折角入り込めたこの世界を楽しもう。

4/1 静岡〜新宿線 路線再編ダイヤ改正(その2)

こんばんは、倉庫番です。

と言うワケで昨日発表になった「静岡〜新宿線 路線再編」のダイヤ改正についてまたもや眺めていきましょう。昨日のエントリはこちらになります。

■販売座席数
・(現)駿府ライナー号は37席発売
 ※しずてつ車が38席車であり、1席予備席(10C)を確保するため。
・(現)渋谷・新宿ライナー静岡号はJR東海バス便は40席、京王バス便は36席発売
 ※現在と一緒ですね。
・(現)駿府ライナーにも、京王「ハイウェイバスドットコム」持ちの座席が存在。
 ※便によって配分座席数は違いますが、2席〜4席。

■きっぷについて
高速バスネット上で、往路(現)駿府、復路(現)渋新、と言う買い方も可能。
 ※往路;草薙駅南→バスタ新宿、復路:バスタ新宿→大内観音入口・・・OK

■乗場
・基本的には現在と同じ。静岡駅前の乗場がどこになるのかは、まだ分からないが・・・


 概ねこんな所かと思います。とは言え、幾つかまだ疑問もあるわけで。。。

1 清水駅前はやはり西友前?
 何で「西友前」に止めるんでしょうかねぇ・・・。個人的には清水駅のバスのりば(=しみずライナーと同じところ)に入っても構わないのでは?と思うのですけどね。清水駅に入る新宿/渋谷=静岡線はJR東海バスと京王だけではありますが、まがりなりにも共同運行事業者にしずてつも入ってますし。

2 しみずライナーを何故系統分離?
 渋新静岡駿府ライナーと言うペアでも十分使えるのですが、更にこれに「しみずライナー」が入っても良かったのでは?と思うのですけどね。行きは渋新静岡で渋谷や新宿まで行って、帰りは東京駅からしみずライナーで帰るって言う人もいるのではと思います。さらに言えば、それこそ渋新静岡に「新清水バス停」を設置するって言うことも可能ではないのかなぁと考える所なのですが。
 後は、最近は利用率が高くなり、早めに予約をしないと使えない永楽町駐車場ですが、渋新静岡も永楽町回して駐車場使用を可能にできるのではないのかねぇ・・・と思うのですが。

3 静岡駅乗場はどこになるのやら
 現在の東名ハイウェイバスが入っている12,13番乗場に駿府ライナーが入るのか、それとも17番乗場に渋新静岡が行くのか、と言うことも気になりますが・・・12番、13番乗場に駿府ライナーが入ると言うことになると、それはそれで10年越しの懸案になります。

 見慣れた東海バスの画像ですが、ここにオレンジ色のJRマークが取り付けられています。これは、この車両がJR東海の駅構内で営業をしてもいいよ、と言うJR東海からのお墨付きになるのです。今まではしずてつ高速車に関しては入構許可が無かったのですが、12,13番に入るとなるとマークが付く可能性もあります(中部国際空港線(廃止)に関しては、確か付いてなかった車両が入ったような気がしないでも)

4 恐らくは・・・営業上の「路線再編?」
 と色々気になるところを書き散らかしてみましたが、考えれば考えるほど「営業上での路線再編なのではないか?」と思う所があります。確かに高速バスネットの同じ口座で買うことができますが、渋新グループにJRバス関東やしずてつが入るというわけでもなし、その逆もなし・・・となると、一部区間で経路やダイヤが変わるものの、路線としては「駿府ライナー」と「渋谷・新宿ライナー静岡号」が継続し、それを両社で一体化して売っていくと言うものかとは思います。
 それ故、しみずライナーを一旦追い出してみたりとか、渋新清水の経路を永楽町に回さないとか言う「詰めきれてない」部分も存在するのではと思います。
 しかし、運行開始から10年を迎えるこの年に、利用者目線の「ダイヤ改正」が行われるのは喜ばしいところです。